Eucalyptus

 Eucalyptus(Eucalyptus globulus) is a tall evergreen tree native to Australia and Tasmania. The Leaves and oil of the eucalyptus plant are used for medicinal purposes. Eucalyptus oil consists of the volatile oil distilled from fresh leaves and branch tops of the eucalyptus plant.
 
ユーカリ(ユーカリ・グロブルス)は、オーストラリアやタスマニア島が原産の常緑高木です。
ユーカリの葉や精油は、薬用として使われており、ユーカリの精油は、新鮮な枝の先端や葉っぱを蒸留して抽出した揮発性油でできています。
 
Topical ointment containing eucalyptus oil have been used in traditional Aboliginal medicines to heal wounds and fungal infections. Teas containing eucalyptus leaves were also used to reduce fevers. The therapeutic uses of eucalyptus soon spread to other traditional medicine systems, including Chinese ,Indian(Ayurvedic),and Greco-European.
 
アボリジニの伝統薬に、傷やカビなどによる真菌感染症の治療として、ユーカリ油を含む局所軟膏が使われてきました。
ユーカリの葉を含むお茶は、熱さましに使っていました。治療を目的としたユーカリの使用は、すぐに中国の漢方、インドのアーユルヴェーダ、ギリシャやローマの医学など、
他の伝統医学に広まっていきました。
 
 
 
 Plant Description
 
There are many species of eucalyptus. Some of them are the size of an ornamental shrub ,and some grow to be giant trees. The type of eucalyptus that is most often used medicinally is called blue gum or leaves are dark green and shiny. Its blue-grey bark peels to reveal a cream-colored inner bark.
 
ユーカリには、観賞用の低木から巨木まで様々な種類があります。
薬用には、「ブルーガム」と呼ばれるものや、輝きのある濃い緑の葉が最もよく使われています。
樹皮は青味掛かったグレー色をしていますが、内側の樹皮はクリーム色をしています。
 
 
 
 What is made of?
 
Eucalyptus leaves contain tannins (Which are believed to help reduce inflammation), flavonoids (such as quercetin , which has antioxidant properties),and volatile oils.
 
Eucalyptus oil is a rich source of the antiseptic substance cineole( sometimes referred to as eucalyptol).
 
ユーカリの葉には、タンニン(炎症を抑える働きがあると考えられている)、フラボノイド(ケルセチンなどの抗酸化作用のあるもの)、揮発性油が含まれています。
 
ユーカリ油は、殺菌作用のある物質シネオール(別名ユーカリプトール)を豊富に含んでいます。