ブラックオパールのラブ [Rub217-200]

ブラックオパールのラブ [Rub217-200]

販売価格: 64,800円(税込)

数量:

重さ9.3g 大きさ4.4×2.6×0.8cm


オーストラリア、ライトニングリッジ産ブラックオパールのラブ


明るいブルーグリーン斑が輝くオパールラブです。
鮮やかな色に惹かれます!

小さい範囲ですが、青斑の良い輝きがご覧いただける箇所なども良い点です。
そして、こちらは、裏側にも青斑の輝きが薄っすらと見えています!
デコボコしていますが、研磨すると輝きが現れ、表と裏とでプレシャスオパールの輝きがお楽しみいただけるところも嬉しいポイント!

表面のプレシャスオパールの部分は磨かれていて、ある程度形が整えられていますので、輝きをご覧いただくこともできますし、
ルースとは違い原石としての趣きも味わうことができる一石となっています。

ルースとして完成する前段階の状態になるため、ルースよりも安価に輝きがお楽しみいただけます。
ご観賞用としてこのままお持ちいただくのも良いですし、お好きな形にリカットしするのも良い、 自分流にお楽しみいただけるオパールです。

産出量の減少に伴い、ラブも入荷が困難となってきています。

ラブ(rub)とは、原石(ラフ=rough)をある程度磨いてあるもののこと。
プレシャスオパール部分が磨かれていますので、ここからルースへと形を整形していきます。

※欠けやヘコミ、クラック等は、初めからあるものになります。
※午前、太陽光にて撮影。
※動画は、ページめくり後から裏側になります。(1分弱ほど)

<<磨き>>
耐水性の紙やすりでも磨くことは出来ますが、少々根気が必要です。
オーストラリアの地元のカッターは、工業用の機械で研磨してますが、
国内で市販されている少し強力なリューターやグラインダーでも磨くことは出来ます。
超精密研磨フィルムもお勧めです!!

<<注意>>
必ず石を水に濡らしながら研磨してください。
磨き過ぎて色の出ているオパール層まで研磨しないでください。
綺麗に磨くには試行錯誤が必要ですので、結果に過度な期待はしないでください。

別角度からの撮影 *または 関連品

  • 3辺ある側面の2辺です。
  • 上=3辺ある側面の1辺、下=裏側です。
  • 裏側です。

Facebookコメント