ボルダーオパール [BD815-360]

ボルダーオパール [BD815-360]

販売価格: 37,800円(税込)

重さ30.95ct 大きさ27×21×7mm フリーシェイプ


オーストラリア、クイーンズランド州産ボルダーオパール


赤、青、緑斑が輝くオパールです。

細長いブロック・パターンの斑が光り、横長にルースを置いてみた場合、上の方では右から左へと細いライン状で斑が走りますし、
色も赤が現れたり、緑が現れたりますので、遊色がお楽しみいただけるルースとなっております!

こちらのボルダーオパールは、大きさがあるので斑や色の変化も見応えがあります。
一部に母岩の鉄鉱石が表にも表れていますが、ほぼオパール層となっているところや、
側面から見ると、オパール層に厚みのある部分があるところなども良いポイントです。

オパール層のボディーカラーもライトグレー〜ブルーへとグラデーション掛かっているところも面白いですし、
端に少しですが、発色の良い緑斑も輝きます。

ペンダントやコレクションとしていかがでしょうか。

※少し捻りのある形をしていますので、写真でご確認ください。

※午前、太陽光にて撮影。


 ボルダーオパール 

鉄鉱石に着床し、それを母岩として輝くボルダーオパールです。
オーストラリアのクイーンズランド州で産出されることから、別名を「クイーンズランドオパール」とも呼ばれています。

鉄鉱石自体の色にも濃淡があったり、赤っぽかったり、黄色っぽかったりと
個性溢れ、時には不思議な模様となっていることもあります。

そして、表面全体にオパール層がある「フルフェイス」はそれだけでも希少価値があり、
宝石として華やかで美しいものが多く存在します。

また、鉄鉱石の隙間から脈状に現れるオパール層や
母岩とオパール層とのバランスや模様などは、光源や角度、人によって見え方がそれぞれ違います。
ご自身の感性で表情や色、模様を楽しめるのがボルダーオパールです。

主な産地:Winton(ウィントン)、Quilpie(クルピー)、Yowah(ヤワ)、Koroit(コロイト)など。

別角度からの撮影 *または 関連品

  • 下=裏側です。
  • 長辺の側面です。
  • 短辺の側面です。

Facebookコメント