シェルオパール [SL14-120A]

シェルオパール [SL14-120A]

販売価格: 64,800円(税込)

数量:

 重さ9g 大きさ4.2×2.2×1.2cm


南オーストラリア州クーバーペディ(Coober Pedy)産
シェルオパール(Opalised Mussel Shell)


こちらは研磨されていない未処理です。

ブルーグリーンが輝きます。

形が少し崩れていますが、蝶番部分がわかりますし、
裏側の蝶番辺りで薄っすらと筋があるのが確認できます。
形からムール貝タイプだったことがわかります。


お水で濡らすと良い輝きがご覧いただけます。
乾いた状態でも青緑色なことがわかるところは良いポイントです。


1億2千万年〜1億年前くらいのものと言われ、
ジュラ紀から白亜紀にかけて生息てしていた貝がオパールに置換されたものとなります。


特に、形や輝きの良いものは数が少なく、
稀少性、人気共に高いシェルオパールです。


※クラックや欠け等は、初めからあるものになります。
自然である証拠でもありますので、併せてお楽しみください。



シェルオパールができるまで】

シェルオパールが出来るには、いくつかのプロセスを経て、
長い年月が掛けられて作られます。
最初に、貝が死に、海底に沈みます。
二酸化珪素を含む水分が、貝の中に入り、
その上にどんどん砂が堆積し、化石となります。
時間を掛けて水分が抜けていき、貝殻も溶けて無くなり、
オパール化した中身が出ています。
これがシェルオパールと呼ばれるオパールです。

また、化石化した貝が溶けて無くなり、
出来た貝型の空洞の中に二酸化珪素を含む水分が入り、
オパールとなるとも言われています。

別角度からの撮影 *または 関連品

  • 表側です。
    上・中=お水に濡れた状態、下=乾いた状態の写真です。
  • 上=表面、中=裏側の写真です。(乾いた状態で撮影)
    下=裏側の写真です。(水に濡らした状態で撮影)
  • 上左右=側面、下左=口部分、下右=蝶番部分の写真です。
    ※濡れた状態で撮影しています。

Facebookコメント