オパール化した珪化木のビン詰め [珪化木915-20C]

オパール化した珪化木のビン詰め [珪化木915-20C]

販売価格: 2,160円(税込)

珪化木:重さ1.65ct  大きさ14×6×5mm 
ビンの大きさ:高さ2.8cm(コルク栓含む)×直径1.4cm 麻紐


オーストラリア、ライトニングリッジ産 オパライズド・ウッド(珪化木)


ライトニングリッジ産オパールの珪化木をガラスのビン詰めにした観賞用オパールです。
そして、こちらの珪化木は、Robert Smith(ロバート・スミス)氏のコレクションだったものになります。

透明化のあるボディーに、紫掛かった青斑が輝く、小さい珪化木です。
木の皮だったような表皮(筋)なども入っているので、 木だったことがわかり、
お水で濡らしていただくと、発色が良くなります。

紐が付いていますので、どこかに下げたり、窓辺や光りを受けやすい場所に飾って、輝きをお楽しみください。

Oplised Wood(珪化木)は、木の細胞組織の中にケイ酸を含んだ水分が入り込み、膨大な年月を掛け、形を変えずにオパールに置換されたものになります。

ライトニングリッジは、その昔、この辺りは淡水だったことから、 木や恐竜の化石がオパールへと置換されたものが採取されます。

長い年月が掛かってオパールへと置換される化石です。
オパールや化石ファンのみならず、太古の遺産に触れてみませんか。

オパールへと置換された化石は人気が高いのですが、稀少なものになります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Robert Smith (ロバート・スミス)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライトニングリッジに在住。
オパールを専門としているカメラマン。
パートナーのElizabeth Smith(エリザベス・スミス)さんは、古代生物博士。
著書に『BLACK OPAL Fossils of LIGHTNING RIDGE』があり、こちらの写真もRobert氏によるものです。

※記載の無いものは、乾いた状態で撮影しています。

※午前、太陽光にて撮影。


【鑑賞方法】
原石が磨かれた後のように発色するので水を入れて鑑賞します。 
水は水道水で構いませんが、たまに取り替えてください。 
お日様や光の当たる所に置いて下さい。キラッと輝きますよ!
また、ブラックオパールが形成されるのには6千万年から1億年の月日を必要とします。
何かロマンを感じますね。

年々産出量が減少しており、その希少性は高まるばかりです。 
宝飾品としてのブラックオパールは、数十万円から数千万円と価格が上昇しております。
そこで手ごろな価格の観賞用にブラックオパールの原石をコルク栓の瓶に閉じ込めました。 
鉱物好きの方を初め、綺麗な置物を望まれる方までお楽しみいただけます。

地球の環境が創ったすばらしい芸術をご鑑賞ください!! 

別角度からの撮影 *または 関連品

Facebookコメント