珪化木 [IR1117-500A]

珪化木 [IR1117-500A]

販売価格: 81,000円(税込)

希望小売価格: 135,000円

重さ25.91ct 大きさ38×13×10mm


オーストラリア、ライトニングリッジ産珪化木


珪化木そのものは、目にする機会の多い木の化石です。
その珪化木がオパールとなるのは条件が揃った場合のみ!
宝石質の輝きがご覧いただけるOpalised wood(オパライズドウッド)です。

青斑メインに青緑色や赤斑がキラリ!と輝きます。
地色(ポッチ)が透明感のあるハニーカラーとダーク地の濃淡があるところも面白いです。

ライトカラーの部分では明るく淡い色合いの紫掛かった青斑が表と裏側とでご覧いただけます。
ダーク地ところでは赤や緑斑が緑などが光り、発色の良い斑がご覧いただけます。

表面と側面が研磨されていますが、裏側は木の皮だったことのわかる筋が見ることが出来ます。
ほぼオパール層となっているところも良いところです。

珪化木は、木の細胞組織の中にケイ酸を含んだ水分が入り込み、膨大な年月を掛けて原型を変えずにオパールへと置換されます。
オーストラリアのように、地震などがほとんど無く、 安定した土地で、長い長い年月を掛けて、
ゆっくりと生成されることから、質の良いオパールが産出されるのですが、
化石がオパール化するという、地球の不思議さや凄さが、 この珪化木の中に凝縮されています。

オパールとなった化石は白亜紀前期のものが多いといわれています。
木もコニファー(針葉樹)だったかもしれませんね…(定かではありません。)

珪化木はシェルオパールに次いで多く産出されるのですが、脆いものも多く、こちらのように色や形も良く、研磨できるだけの硬さがあるところも良い点となっています。

化石として、またオパールとして、 両方からお楽しみいただけるます。
宝石質の輝きとなって地上へと再び現れた木の化石。
不思議さと美しさの両方を持つ魅力的な一石です。


※動画がございますので、併せてご覧ください。(※ページめくり後から側面と裏側となっています。)

※クラックや欠け等が入っていますが、初めからあるものになります。
   自然である証拠でもありますので、それも含めて一緒にお楽しみください。
※ケース等に入れてお送りいたしますので、そのままお持ちいただくだけ大丈夫です。
   水に浸ける必要などございません。
※午前、太陽光にて撮影。

別角度からの撮影 *または 関連品

  • 側面です。
  • 側面です。
  • 裏側です。

Facebookコメント