ボルダーオパール(スプリット) [BQ319-300]

ボルダーオパール(スプリット) [BQ319-300]

販売価格: 97,200円(税込)

A:重さ57g 大きさ 横幅5×高さ5×厚さ1.5cm

B:重さ74g 大きさ 横幅4.5×高さ6×厚さ2cm


オーストラリア、クイーンズランド州産 ボルダーオパールのスペシメン(標本)


こちらは「モンスター」の顔のように見える!?スプリットのボルダーオパールです。

鮮やかな青色の中に、弧を描くように白色とグレー色の生地があり、その中で赤斑が光り、目のよう!
その下にあるダークグレー色の部分が口のように見えるピクチャーオパールとなっています。

「面白いボルダーオパールがあるよ。。。ほら!”モンスター”!」と紹介されました。

観た途端に顔が綻んでしまいました。
そして、何と言っても発色の良い青斑と目のように見える部分で輝くマルチカラーのプレシャスオパールが魅力的!

切り放したままの状態の裏側には脈状にオパール層があり、良い青色がご覧いただけますし、
側面は霰地(あられじ)のようなポコポコした状態になっている部分もあり、原石の風合いたっぷりです。
研磨されたルースとは違い、宝石としてのオパールの輝きと鉱物としての一面も併せ持っているところがスペシメンの良いところです。

こちらは台付きとなっています。(縦8×横11.8×6.5幅cm)
手の平サイズのスペシメン。

これだけの輝きをこれだけの場面でご覧いただけることを、ルースと比較するとお買い得です!

※午前、太陽光にて撮影。
※動画はBのオパールから始まっています。ページめくり後よりAのオパールとなっています。
※クラックや欠け、ヒビなどは初めからあるものになります。


** ボルダーオパールとは **

堆積鉄鉱石の標石に細い筋になって表れていることから名づけられました。
色層は、密度の高い茶色の鉄鉱石の基底に自然に固着しており、
褐鉄鉱(母岩)と共にカットしたものを「ボルダーオパール」といいます。

二酸化珪素(シリカ)を主成分とし、重量の3〜10%の水分を含んでいます。

一億二千万年前から三千万年前に、長い年月をかけて作られ、
1cmのオパールが出来るのに500万年かかるといわれています。

隙間に入り込んだオパールを磨きだすため、オパール層の厚い、良質なものは大変貴重で、
鉄鉱石とオパールという硬度の違う鉱物を一緒に磨くため、研磨という観点ではブラックオパールよりも技術を必要とします。

別角度からの撮影 *または 関連品

  • 側面です
  • 上=側面、下=裏側です
  • 上=上部、中=側面、下=底部です
    蛍光灯にて撮影

Facebookコメント