べレムナイト [IR624-700]

商品詳細

重さ20.60ct 大きさ35×12×9mm


オーストラリア、南オーストアリア州クーバーペディ産べレムナイト


青緑斑が輝くべレムナイト。
砂岩っぽい部分やコモンオパール部分などもあります。

先端の一部分が丸みを帯びたような形をしていますが、全体的に良い形をしており、
磨かれていますのでプレシャスオパール部分は美しい輝きがご覧いただけます。

透明感のあるボディーに斑が光るクリスタルタイプのオパールへと置換されています。

コレクターならずともその不思議さと美しさに心ときめくべレムナイト!

オパールファンだけではなく、化石、鉱物ファンの方にも人気の高い商品です。
当店にもこのように状態の良いものや、美しいべレムナイトの入手が困難となっておりますので、この機会をお見逃しのないように!

現地オーストラリアでも、形が良く、斑(プレシャスオパール)の出るべレムナイトは産出量が少なく、
美しいものは更に稀少性が高くなっています。

シェルオパールやべレムナイトなどは、前期白亜紀のものが多いと言われています。

※動画はパージめくり後より側面となっています。
※午前、太陽光にて撮影。


 【べレムナイトとは】
ベレムナイト(Belemnites)は、白亜紀末に絶滅した軟体動物門・足頭綱の一分類群。
現在のイカに類似して、コウイカの近縁であるとされています。

デボン紀のまっすぐに殻を持つオウムガイの仲間を起源とし、
化石は、下部石炭系から白亜紀にかけて産出され、特に、ジュラ紀から白亜紀にかけて繁栄した生物です。

イカの甲のようなものがあり、その部分が化石となってみつかります。
この化石は、矢の先のようにも見えることから、「矢石」とも呼ばれています。